よくある質問

Q.一般的な不動産会社と何が違うのですか?
一般的な不動産会社は依頼を受けて売却・購入をあっせんし、仲介手数料を頂戴する営業モデルとなります。
当社はお客様の課題とニーズを、金融工学の知識を使い、明確化して、価値が最大化できるようコンサルティングを実施します。
ご納得いただいた状態で売却・購入の依頼を受けて仲介手数料をいただきますのでコンサルティングよりの仕事となります。
Q.コンサルティング費用は別途必要ですか?
初回相談に関しては費用がかかりません。その後の依頼内容に合わせて費用設定をいたします。
尚、最終的に当社にて売却・購入の仲介手数料が発生した場合にはコンサルティング費用は例外を除き、別途発生しません。
Q.物件の紹介はしていただけますか?
もちろん、物件の紹介はさせていただきます。しかしながら、お客様のニーズに合うと判断した物件のみとなります。
現在は不動産物件情報もネット化が進んでおり、お客様が当社よりいち早く物件情報を知ることも多々あります。
その際においては、当社の専門的な知識・ネットワークを生かしてお客様の代わりに交渉を依頼されるケースが多いです。
Q.なぜ不動産投資がおすすめなのでしょうか?
不動産投資により不労収入を得ることが可能となります。
併せて税効果や保有期間、借入条件などを整えることで節税と安定収入を実現できます。
低金利の今、資産を増やす選択肢として市場は活況に沸いています。
しかしながら、実際に不動産投資を実践したことない業者なども数多く存在しています。
そのため、正しい知識を提供してくれるパートナーが求められています。
Q.間違った不動産投資を選択しないためには何が必要でしょうか?
自分のゴールと必要な不動産収入を明確にし、その上でしっかりと試算に落とし込むことです。
試算を”自分の利益誘導としない担当者”をパートナーに選んでください。
悪い情報をリスクとして包み隠さず伝えてくれることが良いパートナーの基準となるでしょう。
有名な会社でも月次キャッシュフローがマイナスである物件を「資産形成」として販売している事例もあります。
最終的には自己責任となるため、正しい判断を助けてくれるパートナーを選択してください。
Q.不動産投資では何の指標に着目しますか?
保有期間において手取り資金が順調に増えるかどうか。最終、売却時の税引き後利益で含み益が発生するかどうか。
保有期間の総手取りがお客様の目標を達成しているかどうか。自己資金・借入金と入居率のバランスは安全かどうか。
こちらを様々な角度から、指標を用いて判断します。
指標詳細・説明については代表ブログ、もしくは直接個別相談までお越しください。
Q.個別相談は依頼者の自宅もしくは近隣に来ていただくことは可能ですか?
可能です。ただ遠方の場合は別途交通費を請求させていただきます。予めご了承ください。
Q.セミナー、記事執筆などの依頼は可能でしょうか?
可能です。セミナーはCPM、CCIMの知識をベースに実践に落とした内容です。詳細に関しては電話もしくはフォームより依頼ください。
ページの先頭へ

お電話でのお問い合わせ

お電話で問合せ