最新業界ニュース

2020.08.22 その他

不動産投資のパブリックイメージ

今日は少し違うお話。

我々も大変お世話になっている会社で、東京にアセットビルドという会社があり、そこの会社の社長で猪俣さんという方がいらっしゃいます。もちろん我々も保有・所属しているCPM、CCIMの大先輩であり、一級建築士はじめ多数の資格をお持ちで、書籍も出版、その道では知らない人はいないというくらいの有名な方です。

その方がいつも書かれているブログに面白い内容がありましたので少しご紹介出来ればと。

 

そのブログは以下です。

http://blog.livedoor.jp/inomata104_ab/archives/32996214.html

 

マネーフォワードの取材で、不動産投資を始められたきっかけや取り組んだ事などが記事になったようで、その記事のことをブログでも紹介されているのですが、その記事の内容はそれはそれで非常に興味深い話なのですが、この記事がYahooでも記事になっており、その記事に書き込まれているヤフコメに返信コメントを書かれているんですね。

まあヤフコメの内容は、不動産投資に否定的・懐疑的なコメントや「バブルの時の話をされても・・・」とか、不動産投資は終わっている、みたいなネガティブコメントが多数並んでおります。匿名でのコメントが誹謗中傷になって、という最近の社会的な問題もありますが、これはこれで仕方がないのかも知れません。

ただ今回は、猪俣さんがそのコメント一つ一つにヤフコメ欄に返信をしていて、その内容がメチャクチャ的確で面白いです。非常に参考になります。

 

以下、そのYahooの記事です(時間が経つと記事は無くなると思いますが)

https://news.yahoo.co.jp/articles/a2c56f52759f76f230bf53f343de91e7ec8fb884

 

そしてこれをみてちょっと違う角度のことを感じました。

これは匿名でのヤフコメですから、確かに批判的な内容が多い場ではあるのですが、実際の世間一般でも不動産投資って、結構こういう風な目で見られているんだろうなと。

怪しい、落ち目、だまされる・・・みたいな。

『投資』というだけで敬遠される方も多数いらっしゃる中で、不動産投資って他の投資商品よりも金額も大きいし、一層敬遠されがちなのではないかなと思います。我々のように常にその業界内に身を置いている人間としては気付きにくいのですが。

 

『投資』『資産運用』と一口に言っても色々な種類があります。実際のところ、株式にしろ、投資信託にしろ、不動産投資にしろ、金や外貨、その他の投資にしろ、それぞれにメリットとデメリット、リスクがありますので、何が1番良くて、何が1番悪い、というのは一概には言えないです。

その方の投資の目的や目標、その方の属性、性格、また時世や経済状況など選択すべき要素も多々あるので、投資をする際はしっかり考えた方が良いと思います。

向き不向きや好き嫌いもありますし、もちろん失敗することもあります。

とはいえ『投資』は人生を豊かにする上でも非常に効果のある取り組みです。少しでも興味を持たれている方は、ちょっと一歩踏み出されたら良いのではないかと思っております。

 

最後にもう一度話を戻して・・・、不動産投資って何故、怪しい感じ、や、だまされる、みたいな悪いイメージが多いのか考えてみました。

ここからは超個人的な見解ですが、やっぱり扱っている人・業界のイメージが関係しているのではないか?と。

先に出た色々な投資商品を扱っている職業といえば、

 

銀行員、証券マン、ファイナンシャルプランナー、不動産屋。

 

並べてみると何となく感じるところがありますよね。。。

以前、不動産屋が主役のドラマもありましたが、ドラマなどでも政治家と並んで悪者役が多いのも不動産屋・・・。実際の犯罪で捕まっているのも多く感じますよね。。。イメージって大切です。

まずは小さいなことからコツコツと、我々自らが業界の底上げ、レベルアップに貢献できるように、きっちりとした正しい情報の提供から、取り組んでいきたいと思います。

続く

ページの先頭へ

お電話でのお問い合わせ

お電話で問合せ